スポンサーリンク

【懸賞のコツ】応募ハガキにコメントは必要?当たりやすい書き方とは?

懸賞に当たるコツとしてコメントを書くかどうかをよく聞きます。
実際、当たりやすくするには応募ハガキにコメントは書く必要はあるのでしょうか?

またコメントの書き方にもコツがあるかを調べてみました!

応募ハガキにコメントは必要?

懸賞をしていると、当たるコツとして『応募ハガキにコメントを書く』と聞きます。

これって本当なのでしょうか?

めんどくさがり屋の私からしたら、応募ハガキで必要事項を書くだけでも大変なのに、コメントも考えて書くってなったら本当に疲れる…というのが本音です(´・ω・`)
でも懸賞には当たりたいし…というダメダメな思考になっています。

でもこれだとダメなので、コメントについてしっかり調べたいと思います!

という事で、私なりに調べてみた結果…

コメントは必要な懸賞となくでも大丈夫な懸賞がある!

という事です。

では詳しく見ていきましょう!

懸賞のジャンルを見極めよう!

コメントの有無は懸賞のジャンルによって決めてもよさそうです。

コメントがあると有利な懸賞

コメントで当落の差が出てくる懸賞はタイアップ懸賞ローカル懸賞になります。

タイアップ懸賞とは

メーカーとスーパーが提携して開催するキャンペーンになります。
指定のスーパーで指定された商品を買う必要があります。
地域に密着した懸賞になるので、応募数が限られています。

ローカル懸賞とは

地域限定のフリーペーパーや雑誌・テレビ・ラジオなどの懸賞の事です。

この2つに共通することは地域に密着しているという事です。
そのため全国対象のキャンペーンと違って、応募者がかなり限られます。
その分全国と比べて競争率も低いので当選確率がアップします。

そういった懸賞にはコメントが有効になってくるのです。

コメントが無くても大丈夫な懸賞

オープン懸賞やクローズド懸賞(全国区の懸賞)にはコメントを書いても大きな影響力はありません。

オープン懸賞の場合は、誰でも気軽に応募できるので応募数がかなり多いです。

クローズド懸賞(全国区)の場合も応募者がかなり多いです。
これは大手企業の全国で行われているキャンペーンの事で、当選人数も多かったりします(1,000人単位)。

この上記の2つは、ハガキを1枚1枚確認している可能性はかなり低いと考えられています。
大量当選の懸賞などは機械で抽選される場合があるので、コメントは読まれないことが多いです。

ですので、この2つの懸賞はコメントは書いてもOK!だけど書かなくてもOK!でしょう。

スポンサーリンク


コメントは簡潔に!

コメントは短く簡潔に伝えられるといいでしょう。
伝えたいことがたくさんあって、長くなってしまっても大丈夫ですが、何枚も長いコメントを書いていたら疲れてしまいます。

それにハガキのスペースも限られているので、読みやすい大きさの字で簡潔にコメントを書きましょう!

ネガティブなコメントは避けよう!

コメントの内容はあなたが感じたこと、書きたいと思ったことなら、何を書いてもいいでしょう。
商品に対しての感想や意見、旅行などの懸賞ならいつでも行けます!などのコメントも有効でしょう。

もし、何も言葉が浮かんでこなかったら「よろしくお願いします」という一言だけでも大丈夫。

でもここで注意したいのが、ネガティブなコメントや人を不快にさせるようなコメントは避けてください。
当確にコメントが影響している懸賞というのは、かならず「人」がコメントを読んでいるということ。

「当たれ!」という命令形のコメントや、「借金があるので当ててください」という同情を買うようなコメントは印象が良くありません。

そういったコメントは避けて、ポジティブなコメントを書くようにしましょう!

おわりに

懸賞にはコメントが有効な懸賞とそうでない懸賞があることが分かりました。
そして、コメントを書く時は読みやすい大きさの字で短く簡潔に、尚且つポジティブなコメントだと印象が良くなるでしょう♪

スポンサーリンク
  icon-arrow-down  icon-arrow-down 無料サンプルをもらっちゃおう  icon-arrow-down  icon-arrow-down 
大人ニキビが気になる人へ  肌荒れをケアしたい人へ

シェアしてねヾ(´ε`*)ゝ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね(*´∇`*)