スポンサーリンク

【懸賞の基本】応募ハガキの書き方!御中や係などの使い方を気をつけよう!

懸賞の基本、応募ハガキの書き方を知っておきましょう!
意外と「これ、どうするんだっけ?」って悩んでしまう【御中】や【係】などの使い方もまとめました!

応募ハガキの書き方

懸賞を始めると、必ず書くことになる応募ハガキ。
今はデコハガキなども流行っていますが、まずは応募ハガキの基本的な書き方をマスターしておきましょう♪

宛先の疑問

【係】【宛】【御中】の使い方

まずは宛先の書き方を覚えましょう。

宛先の住所を書こうと思った時に、よく「○○係」や「○○宛」と書かれていることが多いと思います。
これってそのまま書き写していいのか迷いませんか?

間違っていたら失礼だし、印象が悪くなるのも嫌ですよね。
そこで正しい使い方はこちらです!

・「○○係」と書かれていた場合⇒「○○係 御中」

・「○○宛」と書かれていた場合⇒「○○ 御中」

・「○○係宛」と書かれていた場合⇒「○○係 御中」

・「○○係行」と書かれていた場合⇒「○○係 御中」

「宛」や「行」は書き写さなくて大丈夫です。
そのかわり、「御中」を書き足します。

もし「宛」や「行」が初めから印刷されている場合は、二重線でその文字を消し「御中」と付け足しましょう!

この上記のパターンを覚えていればOKです!

【御中】の意味御中は会社や団体の誰か分からない方へ送る場合に使われます。
宛先に個人名が分かっている時は「御中」ではなく「~様」と書きます。
けれど、懸賞の場合は個人宛てに送ることはほとんどないので「御中」と書けば大丈夫でしょう。

字はキレイに書こう!

はっきり言って字の汚い・綺麗さで抽選の当落が決まるわけではありません。

でも字は丁寧に読みやすい字を書くことを心がけてください。

もし字が読めなければ、賞品を贈りたくても贈れません。
達筆すぎても読めなかったりします。
誰もが読める字を書くことが大切なのです。

必要事項は必ず記入する

応募ハガキに必要事項を書く時は、キャンペーンの応募要項をしっかりと読みましょう。
そして必要な情報を必ず記入してください。
キャンペーンによって書く内容が違っていたりするので要注意です。

スポンサーリンク


実際に書いてみよう!

では例えばこのような懸賞があったとします。

例)
賞品
Aコース・Bコース
応募要項
ハガキに郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号・希望コースを明記の上、郵送にてご応募ください
宛先
〒123-4567
懸賞郵便局「プレゼントキャンペーン」係宛

ハガキにはこのように書きましょう!

ハガキ表面

ハガキ裏面

①住所は「宛」を消して「御中」を書き足しましょう。
②自分の住所は裏面に書くので、表面には書かなくて大丈夫です。
③住所は郵便番号は必ず記入してください。
またマンションに住んでいる方は、マンション名と部屋番号もきちんと記入しましょう。
④氏名にフリガナと書かれていた場合は、フリガナも忘れずに。
⑤希望コースも忘れずに記入しましょう。少し大きく書くと目立つし分かりやすくていいですよ。

おわりに

これで応募ハガキの基本的な書き方はマスターできたのではないでしょうか?
覚えてしまえば何も難しいことはありませんよね。

あとはハガキの空白部分を上手く利用して、シールやマスキングテープでデコるのもいいですよ♪

スポンサーリンク
  icon-arrow-down  icon-arrow-down 無料サンプルをもらっちゃおう  icon-arrow-down  icon-arrow-down 
大人ニキビが気になる人へ  肌荒れをケアしたい人へ

シェアしてねヾ(´ε`*)ゝ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね(*´∇`*)